エンタメ

【どろろ】主人公は百鬼丸?2019年版アニメは相棒度アップ!

彼岸花

手塚治虫のマンガ「どろろ」は、百鬼丸の因果をめぐる物語。たくましく生きるどろろは、百鬼丸にちょっかいをだす役どころ。

なんで百鬼丸の話なのに、タイトルが「どろろ」なんだろうと不思議でした。読者に身近だから?

2019年版アニメ「どろろ」では、だいぶ相棒っぽく役立っています。百鬼丸が五感をえて、新しい世界にとまどうのをフォロー。

《あらすじ》

醍醐の国の領主景光が、鬼神とした取引。領地を繁栄させ天下をとれるなら、なんでもやると。その代償は世継ぎの身。

生きのびた百鬼丸は、妖怪たちをたおすことにより身体を取りもどしていきます。旅の途中で、助けられたどろろも百鬼丸と行動するようになりました。

新しい関係性

百鬼丸が魚をとって、そのまま食べようとすると、どろろが火をおこして焼いてやったり。弱った百鬼丸に食べさせたり。

4話終わりで聴覚をとりもどし、5話で世界にあふれる音に苦しみます。自分の声をとりもどしても、話せないまま。

孤児たちの世話をするミオの歌で、ようやく聞くことになれます。ミオの歌が聞きたいとする百鬼丸のしぐさがカワイイ(ミオの口を指さし、自分の口をパクパク)

色彩をおさえたトーン。百鬼丸が感じるのは、墨を流したような世界。見えなくても魂の色が見えると言われて、すくむミオが哀しくいじらしいのです。

手塚治虫の女性キャラは母性的。「火の鳥未来編」のムーピーとか「アポロの歌」のよくないお母さんも、後味は包みこむような。

原作の百鬼丸はどろろと別れて、ひとり妖怪退治の旅にでます。2019年版「どろろ」では、2クール24話でどんな結末となるのでしょうか。

1969年版アニメ

1969年版は当時カラーのアニメも増えていたのに、クレームもありモノクロになりました。ダークな世界観で視聴率も思わしくなく、14話からタイトルも「どろろと百鬼丸」に変更。

「子ども番組だから」と「子ども番組でも」とのせめぎ合いが、常にあり。スタッフの交代など、紆余曲折ありながらも26話まで。

1969年版は学生の時にも、上映会で見ることができました。その時に買った最終話の脚本があります。百鬼丸のポストカードはあるのに、パンフレットは見つからず。

音楽は冨田勲。ほげほげたらたらで始まる「どろろの歌」も彼の作曲。コミカルなので意外でした。

百鬼丸の声は、野沢那智。かなり大人っぽくニヒルなイメージ。どろろに対して一線を引いて、突きはなしている印象でした。

父の景光と決着をつけて、すべてを取りもどしても救いのない結末。どろろの明るい部分がないと、物語の力だけではもたないといったところ。

2019年版アニメ

魅惑のドール顔

2019年版は、キャラクター原案が浅田弘幸。「テガミバチ」の作者なんですね。今回の百鬼丸、ドールっぽい外見もステキ。男性キャラでは、あまり見かけないので貴重。

ふだんはアニメ見ない夫も「どろろ」は見てます。原作と顔ちがうと言ってますが、無問題。

「2019年版は、百鬼丸が五感を取りもどしていくのが、メインだから(ドール顔で)いいの!」

「寄生獣はミギーの声優が、女だから見ないって言ってたじゃん、ちがうのに見るの?」と夫。

「ミギーは男じゃないと、うれしはずかし共同生活で意味ちがってくるから」

世界観をきずく音楽

オープニングテーマ「火炎」女王蜂

作詞作曲の薔薇園アヴちゃんは、ひとめ見れば覚悟のほどがわかるヴォーカリスト。「デスコ」でその突きぬけたパフォーマンスに驚いてから、ずっと好き。

中島みゆきのカバー「シュガー」も泣きたくなる熱演でした。アニメ「東京喰種:re」のエンディングテーマ「HALF」もめちゃくちゃカッコイイ。男とか女とか、かるがる超えてます。

アヴちゃんは手塚治虫の「人間昆虫記」も好きで、「どろろ」のゲームもプレイしたことがあるとのこと。

エンディングテーマ「さよならごっこ」amazarashi
ボーカルで作詞作曲も秋田ひろむ。真島昌利、友川カズキ、寺山修司、太宰治に影響をうけたとのこと。友川カズキでたのにはびっくり。竹原ピストルも野狐禅からのファンとか。

薄幸顔で大活躍

百鬼丸の声は、鈴木拡樹。男性芸能人ではめずらしく、薄幸のイメージ

最遊記歌劇伝では玄奘三蔵役。WOWOWで「2.5次元男子推しTV」のMC。
超人気俳優ですが、どこかただよう儚さ。なので百鬼丸役はぴったり。

舞台劇でのヴィジュアルも、説得力あり。着物の柄だけ合わせりゃいい、ってもんじゃないぞと思ってました。風に吹かれるススキのような風情みるまでは。これは、応援せずにはいられません。

いつになったら話すのか、気になってました。声をとりもどすまで、長かった~。クレジットの名前が空しかった分、セリフ聞けるのがうれしい。弟である多宝丸や父と向かい合ったら、どう表現されるか楽しみです。

どろろは、大河ドラマ「八重の桜」の八重の子ども時代を演じた鈴木梨央。上手な演技で声優が演じているのかとばかり。声で演じて女優と気づかなかったのは「ぼくだけがいない街」の土屋太鳳も。

百鬼丸がどう変わっていくか、どろろがどう関わるのか、見とどけたいと思います。

国際展示場駅の手塚治虫キャラ陶板レリーフは、百鬼丸だけだったような?ジャングル大帝親子がでかっ!

アマゾンプライム会員特典で、全24話視聴できます。

アマゾンプライムでどろろを観る

 

孤影
どろろ最終回は悲劇に身がまえすぎてストーリー最大の肩すかしに?アニメ「どろろ」最終回は、いかがでしたか? 百鬼丸が体を取りもどし、弟の多宝丸と対決する号泣ターンかとばかり。 新エンディン...