エンタメ

キアヌ30年ぶりの「ビルとテッドの大冒険」続編にエクセレント!

電話ボックス

なんということでしょう。キアヌ・リーブス主演の映画「ビルとテッドの大冒険」(1989年)の続編が2020年に公開されるとのこと。

キアヌ・リーブスといえば「スピード」「マトリックス」の大スター。なのに、私生活は飾りけなく、ギャップ萌えの宝庫。

ジャンルを問わず、幅広い役柄にチャレンジ。なのに、またテッド(キアヌ・リーブス)に会えるなんて。

キアヌ自身もやりたい愛着ある作品だったとは、ファンとしてもうれしいかぎり。

まさかの3。オダギリジョーが、仮面ライダーを再演くらいのインパクト。

見たくても絶対ありえないと、考えもしないサプライズ。

どこまでもロック最高「エクセレント!」で乗りきるビルとテッド。

軽みに味があって、どんなに元気ない時でも明るい気もちになれる映画です。

続編の「ビルとテッドの地獄旅行」(1991年)は期待が大きすぎたせいか、ちょいうす味。

それでも2人に会えるだけでありがたいレベルでした。

3では1のような奇跡は、おきるでしょうか。いや、おこして。お願い。

電話ボックス型タイムマシンの設定が、今こそ生きる時。ビルとテッドが、中年になって家族をもって。

おバカな2人がどう変わったか、変わらないのか。気になります。

それでも音楽で世界を救うって、どんだけ制作者チャレンジャーなんでしょう。

出演を決めたキアヌもビル役のアレックス・ウィンターも、勇気ありすぎ。

大人テッドが、どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。

関連記事はこちら