エンタメ

ネタバレなし【嘘を愛する女】で相河(高橋一生)ロスに備えてみる

フィールドワークで会ったリス

ドラマ『僕らは奇跡でできている』最後まで面白かったですね。

相河先生とフィールドワークに行きたくなります。

いいところ100個かぞえあげるのは、どんなにすてきな時間になるか。

私のいいところ教えてください。

相河先生見てると、そんな気もちになりません?

キャラの勝利。こころにのこる作品となりました。

そんな私の相河ロス対策は、映画『嘘を愛する女』

これでドラマ終了後のこころのすきまを埋めるつもりの映画。

それなのに樫野木先生からのあんまりなコトバに、相河先生のショック思うとせつなくて。

『僕らは奇跡でできている』最終回のあとに見るはずが、一気見してしまいました。

嘘をついた男

駅でぐあいの悪くなった川原由加利(長澤まさみ)を介抱した小出桔平(高橋一生)

ヒールの靴で行こうとするヒロインに、彼は自分のスニーカーを脱いでさしだします。

雑踏をくつしたで歩くうしろすがたに、もう恋ははじまっていたのでしょう。

いっしょに暮らして、なお深まる想い。

白シャツにメガネ、高橋一生はこれでいい、これがいい。

ウーマンオブザイヤーに選ばれるほどのヒロインが、全力で甘えたおすのもムリない魅力。

深みのある声で心配されたら、こころに響きますよね。

ファンならぐっとくるシーンめじろおし。

ところが、母に紹介するはずの場に彼は来ません。

不安な彼女のもとに、警察は彼が入院したことをつげます。

動揺する彼女に知らされたのは、運転免許証が偽造されていたこと。

彼は彼じゃない……。

共演者の魅力

彼はいったいだれ?その謎を追うために、まわりの人もしっかり描かれています。

笑わないDAIGO

DAIGOといえば、おっとりした性格のいいロッカー。

ときどきはさむギャグもかわいげ全開。

今作ではぜんぜん笑わない長髪で暗い私立探偵の助手役。

ちょっと見すぐにはわかりません。

整ってるな~だれだろう?とまじまじ見て、ようやく気づくレベル。

明るくないDAIGO、意外性もあいまって鉱脈あり。

発掘ダンディ、シブい大人もにあいそう。

腰の低さはチャームポイントゆえ、そこは変更なしで。

刑事 嶋田久作

映画『帝都物語』より以前から知る人ぞ知る舞台東京グランギニョルでの怪人役。

藤田まことのように、主役をはれる逸材だと思います。

ぎらつくのは合わないのか、欲のなさがもったいないくらいの役者さん。

ドラマや映画で彼を見かけるとうれしくなります。

もっとすごい役ができるんじゃないかと、さらなる活躍を待ちわびています。

バイプレイヤー川栄李奈

彼に恋する女子大生

執筆する彼を先生とよび、ヒロインを挑発する役どころ。

恋でつっぱしりそうなあやうさがあります。

かわいいだけじゃなく、ふてぶてしさもスパイシー。

出番は少なくても、ヒロインの心にしっかり爪あと。

ドラマ『フランケンシュタインの恋』の大工職人役も、印象的でしたね。

おっさんずラブふたたびの吉田鋼太郎

今作ではダンディひかえめ元警察官の私立探偵。

名探偵コナン』の毛利小五郎のよう?

彼も問題をかかえているため、ヒロインがひとり立ちむかうのを放っておけない様子。

彼女がハラハラ担当なら、彼はリアル担当バディ。

彼がいなかったら、もっとふわふわしたものになるはず。

『おっさんずラブ』でも感じましたが、ふところの深い受けとめ演技(ある意味横綱相撲?)

俺だオレだ~がないと、いぶし銀になる好例。

美しい風景のなかで謎はとけるのか、ロードムービーの味わいも吉田鋼太郎の存在感あってこそ。

嘘を知りたい女

長澤まさみはルックスは現代的だけど、演技は日本的で内にこもる風情。

割りきれない表情が、あとをひきます。

くしゃっと笑う表情と日本髪がにあいそうな生えぎわ。

かわいい容姿に情念こめたら無敵。

真実をさがす彼女を、苦しめる彼の思い出。あのやさしさもぜんぶ嘘だったの?

見るものも彼女とともに、彼の過去を追う旅にでます。

旅のおわりに待つのは、愛?それとも?

きっと、あなたも彼の真実を見とどけたくなるはず。

まとめ

ひとりでしみじみ見ても、みんなと一生チエックしながら見ても楽しめます。

エンディングの松たかこの歌で、いっそう物語が味わい深くなりました。

高橋一生めあてなら、宝物になる作品。恋愛映画ファンなら、忘れられない作品

まだ見ていないあなたにオススメ!

三日月
NHKドラマ【みかづき】高橋一生と恋の答えあわせしてみない?学校教育が太陽だとしたら、塾はその光を十分吸収できない子どもたちを照らす月。 昭和から平成を背景に、天才講師(高橋一生)とカリスマ経営...