エンタメ

【Eうた♪ココロの大冒険】Perfumeも三浦大知もEテレ育ち?

歌う男の子

Perfume の『コンピュータおばあちゃん』に、三浦大知の『さわやか三組』など、Eテレソングをアーティストがカバー。

よく知っている曲が新鮮にきこえて、アーティストの子ども時代もかいま見えるよう。

教育テレビからEテレになっても、変わらない味わい。

はに丸、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり。ワクワクさん、ゴロリ、のっぽさん。

ニャンちゅう、がんこちゃん。懐かしいキャラいますか?

主役は寺田心

主人公ココロが、封印された「うた」を解放するファンタジードラマ。

おなじみキャラやアイテムちりばめられた世界を冒険していきます。

主役は寺田心くん10歳。2018年12月ミラノ国際映画祭で最年少主演男優賞を受賞。

受賞作はジャッキー・ウー監督『ばあばは、だいじょうぶ』2019年春に公開予定とのこと。

このドラマでもじゅうぶんに演技力発揮。

涙が真にせまりすぎて、かけよりたくなります。

いきいきPerfume

『コンピュータおばあちゃん』Perfume独特の動きが、かわいらしく映えてます。

こころなしか、3人の表情も楽しげ。

『はみがきじょうずかな』シャカシャカ擬音がにあいますね。

あーちゃん、そのままでうたのおねえさんにぴったり。

Perfumeのあやつり人形3人組(かさゆか、あかりちゃん、ノッチカチカ)のランプシェード。キャラ化が自然。

Perfumeのダンス番組は、まだですか?そう思っていたら「沼にハマってきいてみた Perfume×高校生SP」がありました。

19年前の三浦大知も

三浦大知は、19年前に歌っていた『さわやか三組』を寺田心と歌っています。

ココロくん三浦大知といっしょでも、堂々としているプロ魂。

三浦大知の歌声も日のひかりがさしこむよう。

大人になってもう1度同じ曲をうたうのは、特別なことでしょう。

すごいパフォーマンスは、もはや円熟の境地。

ココロくんに、やさしくよりそう歌声がたまりません。

クリープハイプとMrs.GREEN APPLE

どアップ尾崎世界観ハイトーンボイスで、攻撃的ぼくのまち。

Mrs.GREEN APPLEグリーンつながりおいしい。

勇者ヨシヒコシリーズの大仏とは勝手がちがい、態度の小さい佐藤二郎のハメハメハ大王。

片桐はいりモノトーンコスチュームもぴったり。メイクもクラウス・ノミ想起。

高橋優は合唱団の子どもといっしょがにあって、メガネ好男子度高。

染谷将太の北風小僧の寒太郎。なにもしてないシーンでも、何か起こりそう。

すっかり「ねほりんはほりん」なYOUの極寒女王 うっすら岸田今日子?

加藤諒キレッキレのダンスは、今回なし。もう少し出番ほしいところ。

King&Prince 『勇気100%』いつもここからとアルゴリズム体操。いつもここから、何回体操したんだろ?

木村カエラ『おばけなんてないさ』

クリープハイプ『たんけんぼくのまち』

Perfume 『コンピュータおばあちゃん』『はみがきじょうずかな』

Mrs.GREEN APPLE 『グリーングリーン』

高橋優/杉並児童合唱団 『北風小僧の寒太郎』

佐藤二朗『南の島のハメハメハ大王』

Little Glee Monster 『ハッチポッチステーション』『パジャマでおじゃま』

寺田心 清野菜名 藤井隆『ぽよよん行進曲』『あしたはれる』

King&Prince/ジャニーズJr.『勇気100%』

上白石萌歌『カエデの木のうた』

三浦大知 寺田心『さわやか三組』

Eうた♪ココロの大冒険

ヘッドホン
Eテレ【うたテクネ】昭和の名曲を平成のクリエイターがMVにしたら60年代70年代の日本の名曲を、平成のクリエイターたちが新たな視点で制作したMV(ミュージックビデオ) どんな曲がとりあげられるの...
関連記事はこちら