エンタメ

大河ドラマ【いだてん】誰も予想できない衝撃?ドラマを止めるな!

怒れる猫

播磨屋店主(ピエール瀧)なにやってくれちゃってるの~!

大河ドラマ「いだてん」第10回の16日(土)再放送はテロップつき?クリーンなドラマに、人間の深淵がかいま見えるような色を足さなくても。

あんなに才能あって、仕事絶好調でも満たされないって。その人じゃなきゃダメといわれたくて、多くの人がもがくのに。成功も手にいれると、色あせて見えるものなんでしょうか。

これでまた、おさえの役者が演技力ではなく、マジメさで選ばれる流れが加速。

ドラマも人の営み、なまものだったんですね。想定外すぎて、まいりました。

ずっと電気グルーヴ

伝説がいっぱい

先日のNHKの電気グルーヴライブも、余裕しゃくしゃく。

『Shangri-La』(シャングリラ)しか知らなくても、ピエール瀧のパフォーマンスは目を引くものがあります。富士山のかぶりものでもクール。

石野卓球は出会ったとき、長いつきあいになるとわかったと言ってました。時間がつくったものが、見えるような空気。いい関係だな~としみじみ思いましたが。

あきらかになってから、ワイドショーでピエール瀧そっくりなお父さんを見ました。しっかりしたコメントに、胸がいたみます。子どもは、親のよろこびなのに。

いちおしモノノケダンス

アニメ「墓場鬼太郎」のオープニングテーマ『モノノケダンス』のMV。

貸本マンガ風アニメーションは、あやしい紙芝居のよう。アニメ「妖怪伝猫目小僧」を思わせるペープサートにワクワク。

カーステレオから流れるのは、いかしたテクノミュージック。赤いスポーツカーに乗っている恋人たち。

つのだじろうの「うしろの百太郎」っぽいタッチの絵柄。飛ぶ火の玉は実写?

子泣きじじいにキョンシー、モノノケたちの行進。ゆらめく明かりは、お祭りのランプ。見世物小屋のいかがわしさ、そのままに。

いだてん大逆転

静岡市のPRソング「まるちゃんの静岡音頭」もさくらももこの作詞で、歌っているのはピエール瀧。縁は良縁にも悪縁にもなるんですね。

「ピエール瀧のしょんないTV」スポットCMの笑顔が、やるせない。カピバラ、たしかに似ています。

よりによって、今やらかすことないだろ~と思いました。が、クドカンのことです。

一視聴者だってガックリくる、とんでもないアクシデント。でも、彼なら衝撃を変換してくれるはず。

これからも「いだてん」に期待しています。

マラソン
大河ドラマ【いだてん】視聴率8%台たけし神輿が重すぎ走れない?2020年東京オリンピックに向けて、これ以上ないタイミングではじまった「いだてん~東京オリムピック噺~」 クドカン作品は、視聴率に...