エンタメ

糸井重里×芦田愛菜【SWITCHインタビュー達人達(たち)】

コーヒー

 「かわいい」って言葉は、社会の酸素ですよ

芦田愛菜(14才)が、糸井重里(70才)の仕事場を訪ねての対談。

ポニーテール、黒セーターにのぞく白レース襟に青いスカート。

清楚なスタイルが、よくにあっています。

ナレーションは、六角精児。モテる秘訣本を、ぜひ彼に書いてほしい。

これでモテる!じゃなくて、こうしてたら4回結婚の流れを。

絶対速水もこみちに聞くより、一般人には参考になるはず。

糸井重里は、わからないものと話したいと、世代のちがう芦田愛菜を熱望したとのこと。

ほぼ日刊イトイ新聞主宰、コピーライター、80年代の若者トーク番組「YOU」の司会者。

「わかんないものとしゃべりたいんですよね」

「ジャングルにわけいるように、すてきなジャングルですよね」

たしかに。56才差の対談が、どうなるのか見当もつきません。

就活なら芦田愛菜

「初めて恋をした日に読む話」の深田恭子を見ていると、婚活のお手本はコレだ!という気もちになります。

同じく芦田愛菜見ていると就活はコレだ!という気もちに。

彼女の素の声が笑声。フラットに話しているときに微笑んでいるように聞こえる声。

少しつまみをひねれば、笑った声になる寸前で止めている陽のひびき。

答えにくい質問された時の返しが、きちんと感ベースのコトバと表情。

彼女がお母さんといわず、母というのも好感度大。

小芝風花も母といっていたので、できる女優は母という?

普通に話しているのに、包容力すら感じさせる落ちつき。

糸井重里語録

「どんなリッバなことよりも、友だちと会ってペチャクチャやってるのが、一番人間のやりたいことのような気がする」

ですよね~。どんな時でもそれで、なんとかなりそうです。

  1. 結婚の申しこみに来た男が「娘をしあわせにできるか?」と聞かれたら、「はい」と即答しなければいけない。
  2. 本当にしあわせを考えていたら、すぐには答えられないかもしれない。
  3. 表地には「はい」と答えて、それを裏地にすればいい。

芦田愛菜によって引きだされていく、大人の答えかたのお手本。応用もききそうです。

対談ならでは

ぎりぎり牛若丸?

芦田「思ったことは言いなさいというけれど、絶対怒られることありますよね」

糸井「もっと難しいことじゃないの?という問いかけは一生する」

芦田「それを忘れずに心にとどめられる人のほうがかっこいい」

牛若丸みたいにヒラリヒラリと、糸井重里に対するのがステキ。

熟練した糸井重里のコトバが、スターウォーズのライトセーバーのように光れば。

芦田愛菜は、かざされたライトセーバーの上にトンとのって近づきます。

今なら牛若丸の衣装、ギリギリ似合いそう。薄緑に桃色の流線あしらって。

老人と青春

糸井「青春って過ぎてからは青春て名前がついてないだけで、ずっとおもしろいよ」

芦田「新しい気もちが生まれるっていうのも青春なのかもしれない」

糸井「そういう青春を気持よくいかすために、なにが必要かというといい老人ができることだね。老人と青春は対立するものじゃなく コマを回すみたいな」

芦田「言葉にするって楽になることでもあるかもしれない。思いこむより言ったりやったりする方が楽になれる」

糸井「後で書き直せばいいからね」

大人から子どもへ送る何よりのメッセージ。

芦田「そうなのかなって イメージの部分もあります」

糸井「『なのかな』の塊 70歳になっても思ってますよ こうですってことない なのかなばっかり なのかな組ですよ」

老成から大成に

 挫折するのは嫌いじゃないですね

子役からずっと、キャリアをつみ重ねている芦田愛菜。

見た目は大人対子ども。彼女の余裕で、大人対大人以上になりました。

内面は大人びた子どもというより、もっと老成した印象。

無声映画のリリアン・ギッシュは、少女から老婆で大人の女優としてのイメージはありません。

芦田愛菜には、作品を選んで大人の女優として大成してほしいものです。

「くたびれたでしょ?」と聞かれても、まだまだ余力ありそうでした。

最後のスマイルまで、さすが芦田プロ!

メディアイメージ
芦田愛菜・高杉真宙と【メディアタイムズ】で10分勉強してみる?芦田愛菜といえば、名子役として有名ですね。 あなたも、鈴木福と歌った『マルマルモリモリ』聞いたことありますか? 最近は、朝ド...