エンタメ

【NIAGARA CONCERT ’83】大滝詠一夕方の球場で

西武球場前駅

“あなたのストリングスを、夕方の西武球場で聞きたいんだ”

平成が終わる前に、まさか大滝詠一のライブアルバムが発売されるなんて。

1983年7月24日西武ライオンズ球場での「オールナイトニッポンスーパーフェス’83」での
大滝詠一名義で出演した最後のライブを収録。

初回生産限定盤は「NIAGARA CONCERT ’83」と70年代から80年代はじめのライブから、オールディーズのカバー曲だけを収録した「EACH Sings Oldies From NIAGARA CONCERT」のCD2枚と1977年のライブを記録した「THE FIRST NIAGARA TOUR」DVD1枚の3枚組。

大滝詠一作品を1曲でも多く聞きたいファンにとっては、待望のアルバムです。

響くストリングス

ディスク1「NIAGARA CONCERT`83」

  1.  夢で逢えたら (Niagara Fall of Sound Orchestral)
  2.  Summer Breeze (Niagara Fall of Sound Orchestral)
  3.  Water Color (Niagara Fall of Sound Orchestral)
  4. 青空のように (Niagara Fall of Sound Orchestral)
  5. カナリア諸島にて (Niagara Fall of Sound Orchestral)
  6.  オリーブの午后
  7. ハートじかけのオレンジ
  8. 白い港
  9. 雨のウエンズデイ
  10. 探偵物語
  11. すこしだけやさしく
  12. 夏のリビエラ
  13. 恋するカレン
  14. FUN×4
  15. Cider ’83~
  16. 君は天然色
  17. 夢で逢えたら、もう一度 (Niagara Fall of Sound Orchestral)

1枚目は、35年前に西武球場で行われたコンサートを完全収録。

“あなたのストリングスを、夕方の西武球場で聞きたいんだ”と大滝詠一を亀淵昭信氏
(当時のニッポン放送の編成局長と制作部のトップ)がくどいたんだとか。

どんなすばらしい空間になるか、絵がうかびます。人前でのパフォーマンスに乗り気じゃなかった大滝詠一を動かしたコトバ。

「夢で逢えたら」から「カナリア諸島にて」までの5曲が、クラシックの名門である新日本フィルのストリングス。大滝詠一の登場まで、美しい調べが流れるぜいたくな時間。

薬師丸ひろ子に提供したシングルのAB面の「探偵物語」「すこしだけやさしく」彼女の鈴をころがした歌声(たとえにならないそのままの響き)にも負けてません。ベルベットよりシルクの感触。

「夏のリビエラ」冬のリビエラ英語バージョン。どこまでもやわらかな声と発音。「冬のリビエラ」と聞きくらべるのも楽しい。

「恋するカレン」失恋ソングで男女とも残念なのに、大滝詠一の歌だとステキに聞こえてしまいます。

「FUN×4」はじめから終わりまで、ポップスセンスがきらめく曲。「A面で恋をして」「幸せな結末」と合わせてマイ大滝詠一ベスト3。

Cider ’83~」から「君は総天然色」で、ラスト「夢で逢えたら、もう一度」のストリングスで結ばれる完ぺきな流れ。あらためて世界でいちばんやさしい歌声だと思いました。

とろけるオールディーズ

ディスク2「EACH Sings Oldies From NIAGARA CONCERT」

  1.  Confidential
  2.  Blue Velvet
  3.  Secretly
  4. I Love How You Love Me
  5. Fools Rush In
  6. Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You
  7. Mr Blue
  8.  Dreamy Eyes
  9.  Come Softly To Me
  10.  Who Put The Bomp
  11. His Latest Flame
  12. Train Of Love~Summer Lotion
  13.  Dream Lover~Travelin’ Man
  14.  Blue Suede Shoes
  15. Yesterday

2枚目は、オールディーズのカバーをまとめたもの。主に1981年と1980年。
70年代のものもあり、1966年岩手の予餞会で歌われた『Yesterday』は必聴。

若くてもそれほど後の作品と落差は感じません。高校生の頃から円熟味のある歌声。力みがないところは、フレッド・アステアにも通じるものがあります。

歌う大滝詠一が見たい

ディスク3 「THE FIRST NIAGARA TOUR」

  1. ナイアガラ・ムーンがまた輝けば
  2. FUSSA STRUT
  3. The Very Thought Of You
  4. 夢で逢えたら
  5.  COBRA TWIST
  6. こいの滝渡り
  7. ナイアガラ音頭

青空のように

3枚目はDVD。1977年渋谷公会堂「THE FIRST NIAGARA TOUR」を記録した映像作品(監督 井出情児)

最初顔が白い丸のようで、どうなることかとあせりましたが、しっかり大滝詠一が歌ってます!感激。動く大滝詠一は、これが初めて。

『夢で逢えたら』夢見る気分になれる名曲。シリア・ポールのプロムの女の子みたいな衣装もキュート。

大滝詠一作品というだけでありがたいのに、ライブ3連発。聞かなきゃソン。


NIAGARA CONCERT ’83(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)