エンタメ

SUPER BEAVER15周年王道ロックバンドでも回り道?

聞き入る猫

wowowオンデマンドで「氣志團万博2019~房総ロックンロール最高びんびん物語」を見ました。

2日目の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のパフォーマンスが、どんなか気になります。

みうらじゅん率いる大島渚も、動いてるとこ見るの初めて。

空耳アワーの安齋肇が楽しそうで何より。ほのぼの担当で、ほっこり。

ロックしてるみうらじゅんは、マジメそのもの。高校の文化祭より青春寄り。

綾小路翔もうらやむ王道ロック

氣志團の綾小路翔いわく「本当言うと、SUPER BEAVERみたいなバンドやりたかったんですよ。羨ましい…」

綾小路翔のコメント力が、氣志團万博をアゲアゲ。西川貴教とべしゃり対決希望。

「閃光」で一瞬にして、ファンになりました。こんなにすごいバンドがいたなんて。

しかも結成15周年?今までどこに?ステージパフォーマンスもめっちゃカッコイイ。

第1音から圧倒的に攻めてます。

「予感」はドラマ「ぼくらは奇跡でできている」の主題歌だったんですね。

ライブだといっそう歌詞が刺さります。ボーカルの渋谷龍太はMCも明晰。

はっきり伝わるコトバに、覚悟を感じました。迷いのない音楽になるための時間も。

音楽なんつうのは腹の足しにもなりませんあかりの代わりにもなれませんし

あったかくもなければ、ふれることもできないんですけど。

ただ自分の中で、大きな何かが変わるようなことはできるんじゃないかなと

思ってます。

そう考えて15年続けてきたと。

いいバンドであっても、ファン以外に知られていないこともあるんですね。

チャート見てると、はやりの音楽じゃない異質の引っかかりは見つからず。

こんなに音楽あふれてるのに、聞いたことないような音はどこに?

田原俊彦☆ヒットづくしのライブ

田原俊彦、歌詞までほとんどわかるのにびっくり。

「ハッとしてGOOD!」「恋=DO!」「ブキ浮き!I LOVE YOU」

「君に薔薇薔薇というかんじ」アイドルじゃなければ歌えない曲ばかり。

「NINJIN娘」まで、ヒット曲こんなにたくさんあるんですね。

近藤真彦「ハイティーン・ブギ」「情熱☆熱風せれなーで」のシングルレコードは購入したけれど。

田原俊彦ファンじゃなくても、ぜんぶ浸透してるってスゴイ。

トシちゃんの足の上がり方を見て、その後の努力を感じました。

新しい地図のゆくえ

稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の3人は、年を重ねてもアイドルの中のアイドル。

白いコスチュームが輝くようで、ありがたみMAX。

唯一NHKまで見に行った大河ドラマ「新選組!」で隊長の近藤勇を演じていた香取慎吾。

副長である土方歳三役の山本耕史が、緊張する彼の背中をなでていたのおぼえています。

2020年1月2日17:55~テレビ東京系「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」新春3時間スペシャル ゲストに稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が出演

でも、やっぱり草なぎ剛主演のドラマが見たい!得がたい個性です。次作は?

関連記事はこちら