エンタメ

【DARK STAR/H・R・ギーガーの世界】ファン必見の映画

青い目の猫

ギーガーさんちのお宅拝見

たとえギーガーを知らなくても、映画『エイリアン』の造形なら目にした人も多いでしょう。

またエマーソン、レイク&パーマー『恐怖の頭脳改革』のアルバムジャケットなど、多くのアーティストに影響を与えています。

本作はギーガー本人だけでなく多くの関係者が、創作の背景を語る「H・R・ギーガー財団」公認のドキュメンタリー映画です。

こうした企画は、外枠があらかじめ決められていて、予想を1歩も踏みはずさない内容になりがち。

ところが、本作では大またでずずずいっと踏みこんでます。

「ファンですか?じゃあ、ご案内しましょう」的に進みます。

庭には優美な女性像。緑の植物がからみつくうしろすがたには、ギーガーの特徴的な表現がきざまれています。

彼の芸術の核心にせまる興奮、あじわってみませんか?

意外や意外

ダリのようにミューズの夫人と2人で静かに暮らしているのかと思ったら、画面の人口密度高!なごやかな家族のような絵面が意外。

義母の証言

娘の夫が、あのギーガーと聞くとみんな興味をもつみたい。

夫としてのギーガーはどんな人?って。

親戚ともなごやかって、闇世界の画家のイメージとぜんぜん違うのにびっくり。

秘書の証言

ギーガーにファンレターを書いたら、彼が電話をくれたんだ。

無名のバンドのアルバムジャケットに、絵を使わせてくれたんだ。

彼がどれだけ寛容だったことか。

本当に恩人だよ!と力説してると、ネコを追いかけて部屋に入って来たギーガー。

「おたがいさまだ」ゆっくり歩くギーガーは、さながら大きなネコのよう。

幼なじみの証言

子どもの頃ギーガーは幽霊電車という乗り物が気にいった。

それを自分でつくって、みんなを有料で乗せたんだ。

どれだけ器用で行動力ある子どもなんだ?友だちみんな乗りたがるほど、いい出来だったんですね。

有料というところに、ちゃめっ気とギーガーが人気者だったのがわかります。

きっとギーガーおもしろい友だちなんでしょうね~。

異世界の案内人

なかでもいちばん驚いたのは、あの緻密な絵を下書きなしで描くということ。

エアブラシでいきなり描きだすから、ギーガー自身も描きおわるまで、どんな絵になるかわからないんじゃないかな。

彼の絵には、その世界の温度も匂いもある。

別に存在している世界を、彼はわれわれに案内してくれる。

なるほど、そう聞くと彼の温和さのわけがわかります。

闇はすべて絵に注がれてしまうから、まわりはギーガー自身にひかれるのでしょう。

まとめ

彼の才能は、絵にくわしくなくても一目でわかります。

そんなギーガーの人間性にふれられる貴重な作品となりました。

元妻ともずっといい関係でいられるギーガー。

画業を記録するだけではなく、その人となりまでも残したい。

そんな関係者の思いが伝わるような作品です。

シナリオに沿って発言せずとも、どの切り口でも自然に人をひきつけているようす。

ギーガーってこんな人だったんだ!と驚かされることうけあい。

画集がひと味ちがって見えます。

 

魚人の涙
【フィッシュマンの涙】を見なければ、モンスター映画は語れないあなたが今までに見たなかで、いちばんシュールな光景は何ですか? モンスター映画は数あれど、本作ほど監督の「見せたいから作る!」が伝...