エンタメ

映画【恋は雨上がりのように】エンドロールまで続く爽やかな疾走感

雨上がりのクモの巣

「恋は雨上がりのように」は女子高生の橘あきら(小松菜奈)が、ファミレス店長の近藤正巳(大泉洋)に恋をする物語。

短距離選手だったあきらは、アキレス腱の大ケガで競技から離れています。彼女にとって走ることが、どんなに大事だったか。セリフではなく、映像で語られるのも魅力。

原作は眉月じゅんのマンガ。アニメ版は、店長役が平田広明。「TIGER&BUNNY」の虎徹役では、大人のかわいさ発揮。タジタジになる店長役もいい味だしてました。

実写では、年の差を抵抗なく描けるか心配でしたが、爽やかな青春映画になっていました。夢をなくした17才と夢を忘れた45才。雨上がりを、見とどけずにはいられません。

小松菜奈にしびれる

小松菜奈は、普通のラブストーリーには合わないんじゃないかと思っていました。伊藤潤二の「富江」や楳図かずおの「おろち」のように、美しさが怖さになる物語がにあうと。

本作では、見るだけでにらんでる?と思われてしまう無表情女子を演じています。店の客や店長にまで誤解される始末。愛想ないのに、ファミレスのバイトをする理由はひとつ。

基本男前な性格で、店長も果敢にくどいてます。しっかりしているように見えますが、彼には「好きです!」「すごいです!」とぶつけるだけ。ほほえましく危なっかしい不器用さ。

あきらの制服姿。スポーツウェア。走るシーンだけでなく、ストレッチするシーンまでキマっています。ファミレスの制服とポニーテール。紺地の浴衣とアップにしたヘアスタイル。

デートルックも、義理用(空手チョップの文字入りTシャツ)と本命用(水色が勝負カラー)さながら小松菜奈カタログ。

大泉洋に安らぐ

大泉洋は「水曜どうでしょう」のイメージが強くて、役者としての彼を知りませんでした。「トイ・ストーリー」のウッデイ似の彼は、恋にふさわしい相手になるのでしょうか。

予想以上の芸達者ぶりにビックリ。一途な彼女を、自然に受けとめつつ、お笑いポイントは全部ひろうというより作成。うしろ姿の肩コリコリな動作だけで、クスッとさせられます。

彼女が「店長のこと好きです」とグイグイくるのを、どう受けとめるか。大人の度量が試されるます。気もちに応えられなくても、ウソのない答えをかえそうとする誠実さ。

ときどき社会の窓があいていたり、大きなくしゃみをしたりと、一見さえないおじさん。けれども、あきらには店長のよさがわかるのです。

図書館でオススメの本は?と聞いても、気軽にすすめない彼。カッコつけないコトバが、彼女の心にとどきます。このあたりドラマ「大恋愛」に通じるものがありますね。

てがたい役者が集結

口の悪いベテラン店員久保(濱田マリ)は、客にあやまる店長までやり玉に。店員のクレーム負担も少なくなりそうですが。外そうじまでやる店長だと、いばる上司より軽く見られる?

あきらが好きで、なんとか仲よくなろうとするクラスメイト吉澤(葉山奨之)授業中に走る彼女のパラパラまんが描くほど夢中。出番ほとんどフラれるのが不憫。

店のチャラいイケメン加瀬(磯村勇斗)まかないにハートマークをつけて、気のない彼女にちょっかい出してます。ムリに誘ったデートで、残念Tシャツを着用され敗北。

あきらの母(吉田羊)も美人親子の納得キャスティング。店長の友人である九条(戸次重幸)も練れた空気で、人気作家の余裕かんじます。

陸上部のはるか(清野菜名)も、友人が離れていく不安を、みずみずしく。高校時代のヒリヒリするような感情おもいだしました。店長への態度が変わっていくのに、友情かんじます。

エンドロールもぎゅっとつまっていて、最初から最後まで満足できる作品。老若男女楽しめます。超オススメ!