エンタメ

【柴公園】渋川清彦初主演!おっさん版セトウツミで公園デビュー?

柴犬

柴犬は好きですか?

モフモフは、見てよしさわってよし。

そんな柴犬を愛でる、ニッチなドラマができました。

 

おりしも世は、おっさんブーム。

2018年『おっさんずラブ』の流れは、2019年も続くようです。

『わたしのおじさんーWATAOJI』では、とうとう遠藤憲一が毒舌妖精に。

『バイプレイヤーズ』で共演した光石研は『デザイナー渋井直人の休日』へ。

そこに、ダークホース渋川清彦の登場です。

 

街の公園で柴犬連れたおっさん3人が、だらだらしゃべるだけのドラマ。

究極のひまつぶしコンテンツを、味わってみませんか?

渋川清彦ってどんな人?

主演の渋川清彦は、1974年生まれの44歳。

19歳の時に来日していた写真家に声をかけられて、モデルの道へ。

1997年に『踊る大捜査線』で俳優デビュー後、多くのドラマ映画に出演。

『西郷どん』の板垣退助も演じていましたね。

2018年の映画出演数は、なんと13本!

バイプレイヤーとして活躍、俳優人生20周年で連続ドラマ初主演。

 

映画『タナトス』では、ボクシング界の人が俳優に?と思いました。

ボクシングの空気感ただよわせて、主張するのではなく引く演技。

モデルから俳優になった井浦新と同じく、ブランドも手がけているとのこと。

一見フツーで、そこはかとなくおしゃれな着こなしにも注目!

 

豊田利晃監督作品で映画デビューして以来、欠かさず出演しているそうです。

芸名も、生まれ故郷の群馬県渋川市からつけたとのこと。

長いながい出演リストとそんなエピソードに、真面目な性格が想像できますね。

モフモフに癒される

『柴公園』(ステキなネーミング!)は、街の風景とおだやかなナレーションで始まります。

一瞬『深夜食堂』を思いうかべましたが、あたるパパ(渋川清彦)の笑顔で空気一変。

演技じゃないでしょ?メロメロでしょ!

とろけちゃうのも、納得のわんこ盛り。

 

企画・脚本は、永森裕二。

猫侍、猫忍、幼獣マメシバなど、モフモフ好きにはたまらない作品を作っています。

佐藤二朗も、マメシバシリーズのあの役で期待大。

『柴公園』は、茶柴、黒柴、白柴まで柴犬づくし。

目の保養になります。

おっさん3人の絵面は、なかなかジミーズ。だが、そこがいい。

柴犬たちがいいこで座ってるのが、いじらしいったらありません。

おっさん版『セトウツミ』

じわじわがお約束

男子高校生の瀬戸と内海がただしゃべるだけのドラマ『セトウツミ』が大好きです。

原作コミックも映画も、みんなちがってみんなイイ。

瀬戸を演じた葉山奨之出演作チェックも欠かせません。

『忘却のサチコ』のモンスター新人も、『ゆとりですがなにか』の太賀といい勝負。

それでも『セトウツミ』第1回は、どハマりするとは思いもよらず。

淡々とすすむ物語は、じわじわ来るのがお約束。

衝撃のまったり感

あたるパパ、じっちゃんパパ、さちこパパと呼びあうけど、名前は知らない。

それでも、普段思っていることを、なんでも話せる距離感。

第1話は「じもぴー」人に注意するってできますか?

第2話は犬に服を着せるか問題。

これまた意見わかれそうですね。

 

回をかさねると見るほうも慣れて、もっと楽しめそうな予感。

2019年6月には劇場版『柴公園』も公開されます。

あなたも、柴公園に行きませんか?

公式サイト

柴公園