エンタメ

あさイチ【古田新太】勝地涼への可愛がりとファッションがやばい!

派手なメガネの男の子

ある時は『あまちゃん』の振付師、ある時は『木更津キャッツアイ』のオジー。

ある時は劇団☆新感線の看板俳優。イケメンじゃないのに色気だだもれ。

あやしいおっさんなのに、この人についていけばだいじょうぶ。

そう思わせる謎の安心感。気になるのは、なぜなんだ?

『木更津キャッツアイ』のオジー

宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』岡田准一や櫻井翔もキャスト全員ふりまわされていく快感。

テンポよく進むなかで、古田新太演じるオジーだけが異質。

にやあと笑うと、それだけでのまれてしまう。獲物見つけた~みたいな。

以前書いてた日記仲間と、『木更津キャツアイ』ロケ地ツアー行ったのも思い出。

歩く、食べる、オジー像の写真とる。

ただドラマ見るだけでなく、次の行動起こさせるクドカン。

それでも『木更津キャツアイ』のど真ん中には、古田新太。

『どろろ』でデジャブ

古田新太の第一印象は、手塚治虫のマンガ『どろろ』に出てくる妖怪。

「やろうかあやろうかあ」と言いながら鈴を鳴らし、人をまねく金小僧に似てる!

妖怪の一員で人間社会にまぎれて暮らしていても、おかしくないような底知れなさ。

衣装つけなくてもマヌルネコや象のようにも見えたり。

物語をかきまわすトリックスターも似あうけど、正統派でキメキメも見たい。

家では動かなすぎて、飼っているインコが古田新太にとまるとか。牧歌的?

『あまちゃん』で演技指導

『あまちゃん』で、印象にのこったキャラといえば、勝地涼の前髪クネ男。

髪型だけでなく、全身でくねってる。

監督の指導かと思ったら、古田新太が腰のくねらせかたまで縦にと具体的指導。

短い出番なら、なおさら爪痕のこせって。いい先輩だ~。

勝地涼に「おまえがいちばんかわいい後輩」と言ってるそうな。

タクシーで勝地涼が古田新太と帰ったときに、C☆H☆U☆として先に下車。

1人のこされた勝地涼は、運転手さんと気まずい時間をすごしたとか。

古田新太のシシシと上機嫌な表情、目にうかぶよう。

 

マネージャー役の水口琢磨(松田龍平)が、ときめきパートならば。

古田新太の芸能事務所社長荒巻太一は、やりすぎパート。

芸能界ならこんな人いるの?と思わせておいて、振付の黒タイツ姿はずるい。

まじめな顔すればするほど、裏ありそうな無さそうな。

飾らないストレートな人にも、企みだらけの戦略家にも見えるのがツボ。

『新選組!』から『小吉の女房』

2004年大河ドラマ『新選組!』薩摩藩士の有馬藤太役。

風貌もあいまって、鮮烈な印象。

BS時代劇『小吉の女房』では、勝海舟の父である小吉。

『新選組!』で沖田みつを演じた沢口靖子とは、初めての共演。

ホームドラマ時代劇で、どんな顔を見せてくれることか。

藤田まことの婿殿のように、安定したキャラになるかも。

春風亭昇太のナレーションも、新春ぽくて新鮮。

『クローズアップ現代+』を超えて

イケメンじゃないし、スタイルもよくない。それでも、たしかにイケてる。

渡辺直美がファッションアイコンとなったのは、自分らしさを追求したから。

ガールズバンドCHAI(チャイ)は「コンプレックスはアートなり」とシャウト。

なぜ古田新太が、カッコよく見えるのか。

ボディー・ポジティブ(多様な美しさを認める)超えのオールポジティブ??

『あさイチ』古田洋品店

『あさイチ』でもスムーズに話引きだせるもんから、司会の博多大吉華丸リラックス。

役者としてだけじゃなく、人間としても引き出し多すぎ。

『ブラタモリ』を娘さんと見ていても、タモリより先に解説してしまうそう。

演技でも日常でも、グイグイいく。

 

ハッピをけいこ着に。ド派手なメガネのレンズは老眼鏡。

機能的に自分らしく。プロレスTシャツにバンドTシャツ。

博多大吉は自分が着ても似合わないと、派手Tシャツ買ってもコレクションになっているとか。(わかる!)

逆に古田新太は、好きな服に自分の顔やスタイルが合わないなんて、思ったこともないのでは。

まとめ

細かいこたあいいんだよ的イケイケ感。

チマチマしたセオリー吹き飛ばせば、個性しか見えない。

かぶると牙でかじられているように見える帽子。

(おもしろいだろ?これ、俺より似あう奴いんの?)

そんなすがすがしさが、かもしだすハード&キュート。

おしゃれかくあるべし。