エンタメ

追悼・田辺聖子作品でおやすみ前にリラックスタイムを

あじさい

  恋というものは、生まれる前がいちばんすばらしいのかもしれない。

田辺聖子の訃報を聞き、眠るまえによく読んでいたのを思いだしました。

先が気になるミステリーだと、目がさえてしまいます。

未読本は、夜ふかしのもと。くりかえし読みたくなるくらいが、ちょうどよくて。

単行本より文庫本の気分。一日のおわりにお疲れさんとねぎらってくれる田辺聖子作品。

小説やエッセイ、どれも読みやすいのに、心のいちばん深くまでとどきました。

エッセイは、やわらかく印象的なご本人の声が聞こえてきます。

小説は、日常でも大阪弁のせいかどこかファンタジーのよう。

今日の失敗や明日の心配、ひとまず置いてプチトリップ。

解説にも時の流れ

愛してよろしいですか?

昭和57年初版「愛してよろしいですか?」昭和59年11刷

帯には、NHK銀河テレビ小説原作の文字。主人公すみれ(三林京子)と年下の恋人ワタル(時任三郎)の写真入り。

昭和59年5月7日(月)夜より連続20回放映!話数の多さに注目。ていねいにドラマ化?

当時も冒頭のハイ・ミスという表現を、不思議に思いました。現在ではワード自体も見かけなくなりましたね。

昭和はこんなだったと古さも感じますが、おせいさんのノリにのってる名調子が爽快。解説は神津カンナ。

昭和62年の続編「風をください」はよりパワーアップ。解説は俵万智。

意外?納得?聖子ファンの作家たち

昭和55年「鬼たちの声」高橋章子~ビックリハウス編集長 特別な雑誌でした。

昭和57年「三十すぎのぼたん雪」常盤新平 自分の味方だと信じている読者が多いのでは~その通り!

昭和58年「人間ぎらい」川上宗薫 おおっと思いましたが、男性作家の目でみるおせいさん像になるほど。

昭和58年「愛の幻滅」太田治子 納得。おめにかかったことがないと書かれていますが、ヒロインの声がご本人の声と同質ではないかと。同感です。

昭和58年「孤独な夜のココア」神津カンナ 当時の本くに子のイラスト、ほわんとした色味がキレイ。ヒリヒリするのに、いちばん読みかえしています。

昭和60年「返事はあした」氷室冴子 ファンなのでうれしい人選。

昭和62年「ジョゼと虎と魚たち」山田詠美 納得。マンガ家時代の作品も、こういう世界が好き!と迷いないのがステキでした。

昭和63年「恋にあっぷあっぷ」山崎洋子 林静一のイラストが世界観にぴったり。

平成元年「嫌妻権」岩井三窓(川柳作家)霜田恵美子のポップなカバーイラストに、時代を感じます。

平成2年「九時まで待って」江國香織「つめたいよるに」が好き。

平成2年「苦みビターを少々」山田太一 図書館にあるシナリオ集読むのが楽しみでした。

スヌーたちとおっちゃんのもとへ

「川柳でんでん太鼓」が面白くて、詩歌がすきな義父にプレゼントしたこともありました。人に読ませたくなる本ですね。

人のいじらしさおかしさを、五・七・五に。おかげで川柳ファンになりました。

「手づくり夢絵本」の終わりに、スヌーピーのぬいぐるみのスヌーが「ふるさと」をよく歌うとありました。

 この子らとわたしは、いつかは、かの岸へいっしょに帰るのです。

いまごろカモカのおっちゃんと、浮世のみやげ話に花をさかせているころでしょうか。


孤独な夜のココア (新潮文庫)