エンタメ

【ゾンビが来たから人生見つめ直した件】いつ来られてもいい人生?

ゾンビ美人

ゾンビといえば、ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』か話題になった『カメラをとめるな』

『デッドマン・ウォーキング』は元保安官リック(アンドリュー・リンカーン)と寡黙なダリル(ノーマン・リーダス)が魅力的。

走るゾンビの『Zネーション』は1話完結ドラマで、赤ちゃんゾンビに竜巻ゾンビとサービス満点。

『ウォーム・ボディーズ』は、恋愛ものとしてもおもしろいゾンビ映画。

それにしても、なぜNHKドラマでゾンビ?とふしぎに思いませんか。

ゾンビが来たから人生見つめ直した件』

略して『ゾンみつ』むしろあなたがゾンビ人生?

ゾンビのゾの字も言っちゃダメ

ゾンビの発生した地方都市でくらすアラサー女子3人組の物語。

1話2話の再放送だけ録画してみました。

コウ
コウ
ゾンみつどうだった?
モト
モト
ぐだぐだ人間パート多いし、ゾンビ好きにはどうかな
コウ
コウ
ゾンビに人物描写は関係ない!そういう人は、ゾンビのゾの字も言っちゃダメ!

ゾンビ好きな夫は、ゾンビとつけば全部見るタイプ。

おもしろければ見たいくらいの人には、ハードル高いのでは?

「1話2話は助走だから。3話でゾンビ観変わるぞ!」

神田くんのコンビニ魂

失業してコンビニで働くおとうさんに、やさしかった店員神田くんがゾンビになってしまいました。

いつか治る日がくると、お父さんは神田くんをビニール傘でキープして守ろうとします。

ゾンビが治る日を信じる新しいパターン。

『ウォーキング・デッド』でもゾンビをかくすだけでしたね。

そんなお父さんを噛もうとするビニール傘ごしの神田くん。

「だいじょうぶ、神田くんは根っからのいい人なんです」とお父さん。

「神田くん、お客さんのまえだし、この傘は売り物だよ」と言えば

きゅるんと神田くんの目の色変わり、元の神田くんのように。

これまた初めてのゾンビ説得パターン。

落ちついた神田くんは詰めよられて、すぐゾンビの目にもどってしまいますが。

神田くんを粗末にあつかうなら、君がゾンビになった時に粗末にあつかわれること。

神田くんのことは、これからの君をうつす鏡とみんなも説得します。

詰問ガール

お父さんは、だれを守りたいの?ゾンビより家族をまもるべき!とわめくみずほの妹の薫。

お父さんが私のお父さんで、恥ずかしいことしかないよ!

1、2話で私が脱落しかけたきゃんきゃんパワー。

犬用のガムなげたくなるレベル。

勉強より人を責めるのに、いちばんパワー使うのはまちがい。

お父さんも信じたいことをいってるのか、本気で思ってるのか。

どちらなのかはっきりしないのにも、いらだっているのかも。

見えるもの全部攻撃しそうな薫。

イケメンと鏡、だまらせるのに有効なのはどっち?

ゆっくりくん

「パパがいなかったら、おねえちゃんもいないんだから。パパがいるだけで、ありがとうなんだよ」

ありがとう夢ちゃん。このセリフなかったら、脱落してたよ。

夢ちゃんがゾンビのことを「ゆっくりくん」と呼ぶのにもほっこり。

『ゾンみつ』オアシスその1が夢ちゃんですね~。

だまされやすく頭がわるいと思っている柚木ちゃんも、同じくオアシスその2。

柚木ちゃんは空気よめない発言あっても、小さい夢ちゃんにやさしくできる大人。

主人公みずほが長女らしくなくて、うらぎる友だちのみさえが長女っぽく思えます。

ゾンビ獅子舞で花束を

柚木ちゃんが、ゾンビにかくれる二人羽織スタイルを思いつきます。

実験は成功して、さらにゾンビを先頭にした獅子舞スタイルで大人数の移動。

他人、家族、ゾンビ、かっては夫だったもの。

こっけいで、どこかわびしいゾンビ獅子舞はすすんでいきます。

途中でより道して、お母さんのために花束をつくるお父さん。

少しずつ表情がやわらかくなっていくみづほ。

テレビショッピング好きのお母さんは、神田くんのようにキープできませんでした。

神田くんとお母さん、みずほと薫、おだやかな日はくるのか気になります。