エンタメ

WOWOW歴27年の私が、WOWOWをオススメする理由。

5つ星

WOWOWを『ツイン・ピークス』見るために契約して27年が過ぎました。

選択肢がふえたいまも見つづける理由は、ただひとつ。

ここでしか見られないものがあるから。

WOWOWプライム・WOWOWライブ・WOWOWシネマの3チャンネル。

24時間フルハイビジョンで放送中なので、毎日なにかしら気になる番組が見つかるはず。

WOWOWメンバーズオンデマンドは、PC、スマホ、タブレットで視聴できます。

(配信されないものもあり)

竹原ピストル初武道館公演2月にオンエア!これも見のがせませんね。

ゆっくりWOWOWでいい音楽にひたってみませんか?

 

ながら見で発見

戦神/ゴッドオブウォー

中国語の響きが好きでBGMがわりに流してたら、なんと小出恵介が出てました。

『JINー仁』のイメージ消えなくて、どうしてるか気になっていました。

明の名将が3千人で倭寇2万人を討伐する歴史アクション映画。日本の大将は倉田保昭。

題名から軽めな作品かと思いきや、日本側もかっこよく描かれているのが新鮮です。

中国映画も変わってきているんですね。

リー・リンチェイ以来のスターも期待したいところ。

三浦大知とDA PUMP

三浦大知のライブでは、Folderの仲間だった満島ひかりと歌ってる!

ふたりともすんごくいい笑顔~。

ドラマ『カルテット』のイメージもいいけど、歌もいいな。

こういうライブゲスト見るのも楽しみのひとつ。

同じくブレイクしないのが不思議だったDA PUMPライブ。

ボーカルISSAの初ソロシングル仮面ライダー555主題歌『Justiφ’s』

子門真人引退で、熱い主題歌はもう串田アキラの『風よ光よ』だけかと思ってたのに、うれしい誤算。

なのに歌より浮名が有名って。

『U.S.A』がヒットして本当によかった。

今ならチケットとるのも大変だろうから、居間でお祝い視聴。

クレイジーケンバンドのライブも、野外の解放感いっぱい。

ライブだけでも、十分もととれる満足感。

時にはカルチャークラブ ボーイ・ジョージの歌声に、あれ体調悪いの?なんて出会いもありますが。

Tレックス『Get It On』のカバーはよかったけど。

体格をいかした声の響きが、普通の声に?いやいや、たまたまの不調にちがいない。

『平井堅のKen’s Bar』きゃりーぱみゅぱみゅや西野カナのカバーも、プレミア感。

斉藤和義ライブで『ひまわりの夢』踊る大杉漣思いうかべて、時間の流れ感じます。

新アメリカンアイドルとトニー賞

田舎住まいゆえ、ライブも映画も上京しなきゃ行けません。

どうしてもどうしても見たいものだけ、オタクフィルターで選別(ex東離剣遊紀)すれば多くて2割。

残り8割をカバーしてくれるのがWOWOW。

そのためにアクション起こすほどじゃないけど、見たらトクしちゃったといいたくなります。

メジャーどころから、マイナーマニアックなものまで絶妙チョイス。

たくさんのサービスの中で生きのこってるのが、その証。

『新アメリカンアイドルケイティ・ペリーとライオネル・リッチーが審査員

がぜん見る気になりました。

ソウルフルな歌声の十代に圧倒されたり、選ばれない悲しみにせつなくなったり。

『トニー賞受賞式』に見た顔いるなと思ったら、『名探偵モンク』のトニー・シャルーブ。

ミュージカル主演男優賞受賞。モンクさん多才な方だったんですね。

「バンズ・ヴィジット/迷子の警察音楽隊」映画化期待できそうな題名。

『洋楽主義』MCは田口トモロヲ。プロジェクトXなチープ・トリックに胸熱。

ラモーンズも音楽しか知らなかったので、その運命にしみじみ。

錦織圭と大坂なおみ

毎月送られてくるWOWOWマンスリーガイドも見やすく、チェックしやすい。

新聞を取らなくなって、年末年始だけTVガイド買ったりしません?

月に1回送られてくるガイドにラインマーカーでチェック入れるのが習慣です。

錦織圭が表紙を飾ったのは、2018年5月号全仏オープンテニス。

2019年1月は全豪オープンテニス&ATPツアーブリスベン。

錦織圭と大坂なおみが、世界の頂点へ立つ瞬間を見とどけられるってステキ。

W座からの招待状

シェイプオブウォーター

日曜の夜に、ずっと見たかった映画を見るよろこび。

小山薫堂のことばと信濃八郎のイラストでえがかれる招待状。

濱田岳のナレーションも静かにしみる。

『シェイプ・オブ・ウォーター』は映画愛にみちたダークファンタジー。

『パンズ・ラビリンス』から、ギレルモ・デル・トロ監督作品は要チェック。

モノクロドラマのしゃべる馬『ミスター・エド』まで出てきて、監督やりたい放題。

美しいシーンと生々しいシーン。きれいはきたない、きたないはきれい。

青緑の水にぴかぴかの車。

ヒロインは声をなくした人魚姫?監督のおとぎばなしだから、悪役以外は彼女にやさしい世界なのも納得。

いつか異形のヒロインに恋する映画もできるのでしょうか?

『天使とデート』も『スプラッシュ』も美しすぎる異形。

男性の異形は『美女と野獣』も醜いといいつつも威厳あり。

『愛しのローズマリー』じゃ『おとなの恋の測り方』とどっこいで、ちと弱い。

散歩する侵略者

見おわったあとに招待状の意味をしり、もういちど見たくなります。

二人とも低テンションなトークだからか、逆にあとをひくのでしょう。

唐突なエンディングに、え?となった時も、ああそういうこと~とクッションになるおだやかさ。

『チョコレートドーナツ』や『プールサイド・デイズ』もこの枠で知りました。

マダム・イン・ニューヨーク』も、この題名では見る気にならなかったはず。

インド映画も主婦をこういう風に描くのかと新鮮でした。

ヒロインがキュートでエンディングまでハラハラ。

『散歩する侵略者』長澤まさみと松田龍平で侵略SF。

松田龍平は『あまちゃん』以来、気になる男やらせたら無敵。

『カルテット』も『獣になれない私たち』でも翻弄系。

世界の終わりに君と。あの風貌で油断させてロマンチック。こわいわ~。

韓ドラ・アメドラで2度おいしい

ドラマ『スーツ』もオリジナル米国版と韓国版両方を視聴。

『グッドドクター』もオリジナル韓国版と米国版。

同じ題材でも恋愛や彼を見まもる院長の立ち位置など、違いがおもしろい。

米国版『グッドドクター』吹き替えの声優岡本信彦の演技も◎。2期が待ちどおしい。

『スーツ』でいくぶん少年らしさが残るパクヒョンシク。

小動物っぽいかわいさで『家族なのにどうして』のダルボンもハマり役。

タイトルで食わずぎらいしてた『ああ、私の幽霊さま』他局で放送されてから、おもしろくて見とけばよかったもあるある。

『恋の花が咲きました~2人はパトロール中』は『花郎ファラン』で注目のエキゾチックなイケメン、ト・ジハン。見ごたえしかない顔面。

遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

宮藤官九郎の脚本で遠藤憲一が主演、なら見るしかない。

同じ役を違う役者が演じたら?前代未聞のワンシチュエーションコメディ

ゲストは小栗旬、仲里依紗、加藤諒、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおり。

前半ナニコレおもしろいの?とじらされ。後半どっと畳みかけられる快感。

もはやクドカンに。おはなしもっと~とねだる子ども気分。

まだまだかぶは抜けません、みたいな絵本のくりかえしに近い。

(クドカン大河の志ん生役ビートたけし、どうなる?)

エンケンさん、広瀬すず抜いてのCM王。そろそろバイプレイヤーともいえない売れっ子ぶり。

「波乱爆笑」でお酒やめて友だちいなくなったといってたけど、大杉漣亡くなったのも関係が?

強面というより困り顔の印象のエンケンさん。移動中ぜんぜん眠れないほどの神経質。

体だいじにして、かっこいい強面老人になってほしい。白髪ダンディは陣内孝則でゆるがず。

なので、グレイヘア吉川晃司と双璧よろしく。

声優ファンにオススメ

映画『シザーハンズ』吹き替え版のエドワード役は、いまも大好きな声優の塩沢兼人

世代交代もありとは思いますが、変わらないのもうれしい。

凍れるエドワードの時間に、塩沢さんが生きている♪

宮野真守のアリーナツアーも、声優ファンならはずせない。

ただせっかく吹き替え映画がたくさんあるのに、プログラムガイドに声優名なかったりするのは惜しい。

おめあての声優が、DVD購入の決めてにもなるのに。

せめて主役だけでもあれば、絶対加入者増えるはず。

出演作コンプリートは、ファンの使命ゆえ。

それでも映画紹介ナレーションがイケメン声優の梅原裕一郎だったりするのが、なにげにおいしい。

2013年の「BBC EARTHワイルドアラビア~神秘の王国」はナレーター津田健次郎低音ボイスを全3回堪能できるお宝もの。

もっとこういう企画増えてほしい。

みうらじゅんといとうせいこう

なかでもいちばんのオススメは「みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー」

2016年に20周年をむかえ、2018年はみうらじゅんが還暦!

家でこれをだら~と見るのが、めちゃくちゃ楽しい。

『ブロンソンならこう言うね』から好き。

ゆるキャラ、いやげもの、SINCEブームに親孝行プレイ、不安タスティック。

みうらじゅんが教科書にのらないのが不思議。副読本には注釈でいれてほしい。

スーパーレアな好みにも

BGVとしてながら見することも多いのですが、思わずハッとするレアものがあることも。

昼下がりにギーガーのドキュメンタリー映画が流れるなんて、思いもしませんでした。

好みがかたよっているから、自分でひとつひとつ選ぶほうがいいと考えているあなた。

そんな人こそ、WOWOWでより自分好みの作品に出会えます。

これ知らなかった、やるなWOWOW!

心にくいチョイスにうなってみては?

青い目の猫
【DARK STAR/H・R・ギーガーの世界】ファン必見の映画ギーガーさんちのお宅拝見 たとえギーガーを知らなくても、映画『エイリアン』の造形なら目にした人も多いでしょう。 またエマーソン、...